学生応援プロジェクトへの想い[プロジェクト仕掛人]

[BE/STうぇぶ 制作委員会 

学生応援プロジェクト担当

三島 和己さん

㈱スタービーイング

『本気で頑張る学生を、本気で応援したい!』

 

 

Q.プロジェクトについて教えてください

三島和己さん(以下M:BE/ST学生応援プロジェクトは、頑張っている学生の活動をフリーペーパーやWEBでインタビュー記事として掲載したり、物品支援を通じて活動を応援するプロジェクトです。具体的にはBE/STPRを手伝って頂き、その内容に応じた金額分の物品を提供する仕組みです。スポーツクラブのボールやバンド活動のマイクなど、これまで様々な支援を行ってきました。

 

Q.やりがいを感じる瞬間は?

M:支援物品を贈呈したときの「やった! めっちゃいいやん!」といったリアルな反応をもらったときですね! その声や笑顔に私たちも嬉しく感じます。 さらに、その物品を使って頑張っている様子なんかを後日頂けたりすると「やってよかった!」とやりがいを感じます。なかでも印象に残っているのは、母校でもある龍谷大学クリケットクラブに支援したことです。プロジェクト実施の次の大会で優勝した時は感動しました!

 

Q大学時代に頑張っていたことは何ですか。

M:ビーイングでのアルバイトです。1回生から卒業までに500回以上、甲子園球場や劇場、コンサート会場で頑張っていたので様々な経験が出来ました。現場では来場されるお客様やクライアントの方からの「ありがとう」の言葉が、頑張れる理由でした。ある意味の支援ですね。

もう1つは、生協委員会の活動です。 新入生歓迎会や保護者説明会など、学生のサポートに積極的に取り組んでいました。同期や先輩後輩だけではなく職員の方と連携を取ったり、他の大学とも交流があったので、その調整役を担っていました。多くの人と物事に取り組むことによって自然と人との繋がりを大切にしていましたね。

 

Q.頑張っていたことが今どのように活かされていますか

M:もともとは人見知りでしたが、アルバイトや委員会活動を通して、たくさんの人と積極的にコミュニケーションが取れるようになりました。ビーイングに入社して頑張る学生を応援する仕事に就いていることは、学生時代のどちらの活動も今に繋がっていると思います。

 

Q.プロジェクトへの原動力は?

M:私自身、全力で物事に取り組んでいたり、目標に向かって頑張っている人を全力で応援したいという想いがあります。コロナ禍でBE/STが休刊したりアツい学生たちと直接お会いできず支援が進まないとこともありましたが、『BE/STうぇぶ』を通して、これから学生さんと繋がる機会を増やしたいです。改めてプロジェクト担当として頑張っている学生に広報活動や物品提供を行って最大限支援したいです。

 

Q.BE/STうぇぶ』にしかない魅力を教えてください

M:フリーペーパーBE/STは年間3回の発行ですが、BE/STうぇぶはフリーペーパーに掲載されたその後の活動や第2弾、第3弾と更新して最新の情報を提供できる点は、WEBならではの大きな魅力ですね。

 

Q最後に頑張っている学生に一言!

M:BE/STうぇぶも学生応援プロジェクトも「本気で頑張っている学生を、本気で応援したい!」という気持ちを持って全力で支援をさせて頂きます。われこそはという学生さんや学生団体の皆さんからの応募をお待ちしています!

 

BE/STうぇぶ

『学生支援プロジェクト

 

参加学生団体大募集中!

 

―――――――――――――

<詳しくはコチラ>